地球を背負って頑張ってる?

2011.11.22 Tuesday

 「地球を背負っていますね!責任感が強い、がんばり屋さんですね」

ボディーアーキテクトのセッションで、よく聞かれる冗談です。

DSC_0029.JPG

仰臥位、つまり仰向けに寝た時、本来であれば手のひらは天井を向くのですが、疲れている人が多いため、手のひらが床を向きます。この姿勢が

「地球を背負っている」

ように見えるのです。実際、このポジションはかなり緊張している状態です。もっと、リラックスして地球に自分を預けてほしいんですね。

体幹に刺激を入れ、コーディネーションを作って行くトレーニング(本来はこれがコアトレーニングです。日本では違う意味で使われているので、ボディーアーキテクトでは使っていません)でも、手のひらは天井を向いたまま行えるはずなんですが、本来のがんばり癖が出てきて(ボディーアーキテクトではアウターを使っている状態、と説明しています)手のひらが下を向きます。



もっと、地球を信じて、地球に任せてあげてほしいですね。そしたらあなたはもっとパフォーマンスする事が出来ますよ!

2011 XTERRAジャパン・チャンピオンシップ丸沼大会

2011.08.27 Saturday

 2011 XTERRAジャパン・チャンピオンシップ丸沼大会でコンディショニング致しました。

DSC_0017.JPG

この大会にボディーアーキテクトがお手伝いさせていただいてる、小笠原崇裕選手、和木香織利選手が参加されたのです。

DSC_0006.JPG

小笠原選手は4年連続優勝のディフェンディンチャンピオンとして、和木選手は初参加のチャレンジャーとして、それぞれ丸沼の地を踏みました。

DSC_0009.JPG

結果は小笠原選手は見事に5年連続チャンピオンを獲得。和木選手は途中ミスをしたにも関わらず女子の部で3位入賞。
私たちもお役に立てて嬉しかったです。

DSC_0095.JPG

今回の遠征から車が日産セレナにチェンジ。これから、大活躍してくれる事と思います。

IMAG0029.jpg

丸沼は自然の濃いすてきな場所です。

DSC_0047.JPG

今回はちょっと寒かったのですが、ヤマメを焼いていたりしてのんびりできます。

IMAG0031.jpg

でも、館先生は走ってみたくてうずうずしてたみたいですよ。

RUN and BIKE in NOZAWA Enjoy Summerに出展しました。

2011.08.21 Sunday

RUN and BIKE in NOZAWA Enjoy Summer プレイベントに出展させていただきました。

DSC_0045.JPG

とは言ってもボディーアーキテクトはこういう装備をちゃんと持っていません。スタッフの皆さんが準備して下さって、なんとか形にしました。

DSC_0001.JPG

このイベントは2012年が本番のイベントで、その準備段階として開催したとの事。残念ながら天気に恵まれませんでしたが、そこはアウトドアを楽しむ人たちのイベント、皆さんそれぞれの装備で、雨を楽しんでいました。

DSC_0013.JPG

MTBダウンヒルレースにコンディショニングをお手伝いしている方々が出場。また、トレイルラン、MTBクロスカントリー講師の小笠原さんを現地でボディーアーキテクトさせていただきました。


小笠原さんは次の週、オフロードのトライアスロン、とも呼ばれるエクステラにデイフェンディングチャンピオンとして出場予定。スイム、バイク、ランの三種目に対応したコンディショニングを行いました。

私たちボディーアーキテクトを様々な方が必要として下さるおかげで、私たちもいろんな場所を訪れ、いい経験をさせていただいております。

IMAG0027.jpg

二日間のイベントが終わった後は、ずいぶん前に来た事があるという館先生の記憶をたどり、十日町のヘギソバを頂きました。噛みごたえが有っておいしいそばでした。

DSC_0016.JPG

それから、3年間ボディーアーキテクトを支えてくれたトゥーランがこの日を最後に退役。今まで頑張ってくれて有り難う!

2011MTB全日本選手権、大活躍

2011.07.22 Friday

7月15〜16日におこなわれたMTB全日本選手権。

 5957511034_a0ed3df2a4_o.jpg
Photo by Katsuya.N

body architectの館がマスターズクラス3位になったのはお知らせしましたが、body architectがお手伝いさせて頂いた選手が大活躍しました。

5950503018_7e9358c5b5_b-480x317.jpg

永田隼也選手が4Xで優勝。→サイト

DSC_0009.JPG
パーソナルセッション中の伊藤選手と、セルフで足底をコンディショニングする松田選手

他にも、ダウンヒルマスターズクラスでは2位白井了史選手。5位川口悟司選手。6位(40歳以上3位)伊藤康喜選手。攻めた結果、残念ながら順位を落とした松田敦司選手

DSC_0006.JPG
肩甲骨リリース中の、川口、白井、館の3選手

激戦区のダウンヒルシニアエリートでは

5960428644_1dcfe523ed_o.jpg
藤田翔也選手が予選を16位で通過。決勝でも16位を維持することが出来ました。


DSC_0225.JPG

そして、新たにクロスカントリーの小笠原選手をお手伝いさせていただきました。

DSC_0206.jpg

光子先生、3日間お疲れ様でした。日焼け大丈夫ですか